ホワイトバランスって何?

フォトグラファー南都です。

ホワイトバランスは、白いものを白く撮影するための色の調整役です。

_MG_6640

自然の光・蛍光灯の光・白熱灯の光でも

人間の目は、白を白と認識しています。

しかし、カメラでは、さまざまな光源によって白が白に写らず、

見たままの色になりません。

光源ごとに当たっている光の色は、違っていて

黄色くなったり、青くなったりします。

MG_755903

(黄色い光 )

MG_755902

(青い光)

光の色を調整して、見ている色を正しく補正してくれる機能がホワイトバランスです。

オートホワイトバランスに設定するとカメラが自動的に光源の色を判断して

調整してくれます。 普段は、オートで大丈夫です。

MG_7559-332x498[1]

また、光源に合わせて、ホワイトバランスを設定すると

見た目にもっと近づいた色になります。

カメラには、あらかじめプリセット設定で

(アイコンモード)選べるようになっています。

☆太陽光マーク  屋内、室内の自然光

☆日陰マーク   晴れた天気の強い青味を補正

☆曇りマーク   日陰の青っぽさを調整

☆白熱電球マーク オレンジや赤みの色かぶりを補正

☆蛍光灯マーク  蛍光灯のグリーンの色かぶりを補正

もっと厳密にホワイトバランスを補正したい場合は、

白または、撮影用グレーカード(18%)を撮影して

マニュアルホワイトバランス設定で

よりいっそう正確な色味になります。

フォトスタイリングの講座では基本、この「マニュアルホワイトバランス」を推奨しています。

「可愛い」「キレイ」を正しく出すためには、必須の作業だからです。