フラッシュを使わずに窓の光で撮影しましょう

フォトグラファー南都です。

可愛いキュートな写真をブログやフェイスブックにアップしたいですよね。

その時の、ちょっとしたコツ!!

フラッシュを、使わずに日中の部屋の明るい場所で撮影しましょう。

人口的な強い光ではなく自然な光で撮影をすることで

写真がより可愛くなります。

DPP_342

内臓フラッシュが、自動的に光ってしまう場合は、

発光禁止で撮影しましょう。

太陽は、誰でも見たままに撮れる魔法のライティングです。

ぜひ、試してみてください。

そうそう、さらに余裕のある方は、

室内では、直射日光を優しくするために

白のカーテンなどをするとさらにきれいに撮れます。

光が柔らかくなるので、撮影環境がさらによくなります。