単焦点レンズって何?

_MG_2579

 

フォトグラファー南都礼子です。

単焦点レンズは、人間の目と同じように自分が動いて画像をフレーミングします。

めんどうかもしれませんが、画質もよく、明るいレンズでF値を小さく設定できるので

ズームレンズよりもぼかす事もできて、きれいです。

景色や広い空間は、広角レンズ

遠くにあるものを大きく撮るなら望遠レンズように

シチュエーションに応じて、レンズを付け替える手間が増えますが

南都は、撮るものとカメラの距離が取れない場所や

撮りたいものが遠くにあって小さくなってしまうときは、

ズームレンズを使用していますが、

大抵の場合、単焦点のレンズを使って、自分が動いて撮影しています。

上の写真のレンズは、キャノン・単焦点50ミリレンズです。

フォトスタイリングスタジオでは、このレンズを多くのメンバーが使っています。

比較的リーズナブルなうえ、使いやすいのが特徴。

料理、雑貨、花などを撮影するのに向いています。

特に、「F値」というボケが上手く入るので、「ちょっぴり上手になった気分」も味わえます。

ズームレンズだと「なんだか思ったようにボケない」と感じている方は一つあると便利な単焦点レンズです。