料理写真コツ・○○から撮らない

こんにちは!フォトスタイリスト窪田千紘です。

今回は料理写真をおいしそうに撮るプチコツ!」をお伝えしていきたいと思います。

 

この年末年始、パーティなどが多い今、

料理写真といえば、ブログやフェイスブックなどで

撮影する機会も多いと思います。

 

素敵なレストランに行った時の料理、自分で作ったお弁当など

少しでもおいしそうにアップしたいです。

 

そこで、こちらをご覧ください。

_MG_0489

 

_MG_0806 _MG_4862.1JPG

 

どの写真もすご~くおいしそうに写っています。

一流誌で活躍している料理専門の南都礼子フォトグラファーの写真です。

 

プロが撮るからこうなるのですが、

この写真にも、一般の人がスグできるコツが隠れています。

 

それは、 「料理を真上から撮らない」というコツ。

 

美味しそうな料理が運ばれてくるとついつい

全部が写真の中に写りこむ「真上から」のアングルで狙ってしまいがち。

 

 

でも、この三枚の写真をみると、真上から撮っている写真は一枚もありません。

そう、真上からとると、せっかくの料理の盛り付けが

平らに見えてしまうので、おいしそうに見える確率がグンと下がってしまいます。

 

グーグルの料理画像をみると一目瞭然。

真上からのものはおいしそうに見えません。

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%96%99%E7%90%86%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&hl=ja&rlz=1T4MXGB_jaJP533JP533&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=3OO7Uv–J4qQlQXH4YCYBQ&ved=0CE0QsAQ&biw=1418&bih=619

 

 

なので、料理専門・南都フォトグラファーの写真のように、

真上から撮らずに、少し横からアングルを決めるのが正解。

すご~く簡単ですので、機会があったら挑戦してみてください。

窪田でした。

 

 

もっと本格的に料理写真のコツを知りたいというかたは

こちらへhttp://photostyling.jp/introduction/cource05.html

南都先生のこの特別クラスは半年に一度だけの募集です。