同じものでも無限の表情が可能!アングルやスタイリングを変える・・・

IMG_3279

フォトスタイリスト窪田千紘です。

昨日お伝えした「切り取り」の話。http://photostyling-az.net/2014/01/532.html

評判がよかったので、別バージョンをお伝えします^^

 

さて、上の写真。

12月のフォトスタイリングトップメンバーと最先端の情報をシェアーするために

月一回定例で行っているクリエイティブ研究科で撮影したもの。

 

グレーのIKEAの椅子にのっているのは、

「CONTAINER」と書かれたボックスにはいった靴下。

アメリカンイーグルやGAPでセレクトしたものが入っています。

 

この秋、デザイン性のあるカジュアルな靴下がたくさんん出回っていたので、

個人的にも「どうにか可愛く紹介したい」と考えていたところ、

フォトスタイリスト・ササキが 可愛くスタイリングしてくれてました。

 

このカットも昨日の記事でお伝えしたことと同じように、

こちらのフレーミングのほかにグッとアップにしているものも撮影しています。

010289

Photo Reiko Nanto   Photostyling Tomoko Sasaki

 

最初のカットの方は、部屋の雰囲気を入れているので、

少しだけライフスタイル感を醸し出すようにフォトスタイリングしています。

2枚目のカットは、もっと一つ一つの靴下のデザインの可愛さを見せる感じです。

 

この場合、通常、どちらが正しいよりは、写真の目的に合わせて、

「いいほうのアングルを選ぶ」というセレクトをします。

 

基本的に単純に「アップにするかどうか」なのですが、

ちょっと表情が違って見えるので、カメラマンさんもスタイリストもここには

かなり気を配って、微妙な違いを計算しながら撮影します。

 

ここがまさに写真の面白いところ。

とても些細なことなのですが、凄くこだわって、時間をかけ

どうしたら よりわかりやすく美しい「空気感」が演出できるかを色々試します。

 

時間をかけるといえば、この靴下のスタイリング。

実は、別バージョンも作っています。それがこちら。

IMG_354011

ガーデニング用のポットを「収納に応用する」?!という

ちょっと不思議な発想(笑)

トップフォトスタイリストたちが担当している

インテリアブログ「暮らしのヒント」http://ameblo.jp/gg-interior/記事への

準備もあって、ちょっと面白い発想をした作品。

 

スタイリングを担当したササキが、このポットの中に

「花が咲くように」クルクルと靴下を丸めてフォトスタイリングしています。

 

コンテナに入れたバージョンも、ポットに入れたバージョンも、

どちらも実際に履くのとはまた一味違って、

靴下の表情やニュアンスがでるので、一層可愛く見えたりします。

 

「アングルを変える」「スタイリングを変える」・・・少しの違いですが、

モノの数だけ、アイデアの数だけ楽しさ・可愛らしさが表現できるので、

フォトスタイリングは本当に楽しいです。

 

窪田でした。