レフ版で光の足し算をすると写真がもっと可愛くなる

フォトグラファーの南都です。

暗い部分を明るくしたい特に役立つのがレフ版です。

 

白いレフ版は、光を反射させて

暗い部分や暗すぎる影を明るくしたい場合に

光を足し算するアイテムです。

 

撮影現場では、必ず持参する必須の道具ですが、

部分的に明るくしたい時だけ、使用します。

 

まず、レフを入れないで撮影してみて

必要なければ、白レフは、使いません。

_MG_2711

 

作り方は、とっても簡単です。

_MG_2734

文具屋さんなどで、A4サイズくらいのスチレンボードをゲットします。

 

それを2枚用意して、テープで貼り合わせるだけで

便利な白レフなります。

 

撮影する被写体の大きさによって

レフのサイズの大きさも変わって来ますが

最初は、このくらいの大きさで試してみて下さい。

 

南都は、撮影する物によって

すべて白レフのサイズを変えて撮影しています。

 

また、白レフよりも強く光を反射させる事ができる

銀色のレフ、ミラーなどもありますが

まずは、白レフで明るさの足し算をしてみて下さい。

南都でした。