オートフォーカスでピントが合わない!

フォトグラファー南都です。

オートフォーカスでピントを合わる時に

ピントが合わなくて困ってしまう事があります。

 

明るい場所では、ピントが素早く合うのに

暗すぎる場所で撮影するとピントが合わなくなることがあります。

カメラが自動でピントを判断出来なくなるためです。

 

これは機械的メカ的に限界な現象です。

 

そんな時は、オートフォーカスではなく手でフォーカスリングを回して

手動でピントを合わせるマニュアルフォーカスにしてみて下さい。

 

大抵の場合は、レンズの横に

AF/МFの切り替えスイッチがついています。

_MG_2577s

コンパクトカメラ、一部の一眼レフカメラでは、

レンズではなく、カメラの本体の設定で切り替える機種もあります。

オートフォーカス設定の場合は、故障の原因になりますので

手でフォーカスリングを回さないで下さい。

 

また、そんなに暗くない場合はゆっくりフォーカスリングを手で回していくと

赤い点が光るフォーカスポイントがピント教えてくれる場合もあります。

 

とても暗い場合は、メカの限界です。ピントの場所がくっきり見えたら

シャッターボタンを押し込んで下さい。

この時にピントを少しずつずらして何枚も撮影しておくのがポイントです。

 

いつもより慎重にカメラの液晶で拡大して必ずピントの確認しておきましょう。

南都でした。