画像処理だけでは必ずしも写真は綺麗にならない

フォトグラファー南都です。

撮った写真が明るかったり、暗かったりする時は、

撮影後、PCで画像処理ソフトで明るさを調整しても

なんだか綺麗に修正が出来ない場合があります。

それは、調整可能な明るさの幅の限度があるからです。

撮影時の暗すぎる写真を画像処理で明るくすると

もやもやして、クリアーな画像になりません。

page022101

 

 

撮影時の明るすぎる写真は、

白とびした箇所の画像データーがなく

暗くする画像処理をしても

ディテールは、出てきません。

page022102

 

(適正な露出で撮影  画像処理なし)

_MG_8834

また、データーの記録方法で

JPG設定の場合は、

明るさをきれいに調節出来る幅は、狭いのです。

適正の明るさのものと

明るさの段階を意図的に変えて

撮影しておく事も大切です。

 

南都でした。