フレアー ゴーストに注意!

フレアー ゴーストに注意しましょう。

逆光からの撮影で強い光がレンズに入って、画面がもやもやしてにじんだり

コントラストが下がって、白っぽくなる事があります。

これが、フレアーと呼ばれているものです。

また、レンズの中で光の反射が重なって

丸い形が出るのがフレアーの仲間でゴーストと呼ばれています。

いずれも画面のくっきりさがなくなり、くすんではっきりしません。

画質がよくない感じにも見えてしまいます。

MG_2644

この現象は、太陽向かって運転する時のまぶしさに似ています。

その時、車の上部にある板の日除けで、光を遮ってまぶしさをカットしていますね。

その同じ効果を発揮するのが

レンズの前に付けるレンズフードです。

お帽子のようなものです。

それでも、強い光が直接入ってくる場合は、

黒の板などで光が入らないように

レンズの近くでサンバイザーのように光をカットします。

この時に黒い板など画面に映らないように気をつけましょう。

また、逆光でない通常の撮影の時も装着した方が、レンズの保護に役立ちます。

撮影現場では、大抵の場合、レンズフードを装着しています。

_MG_2812

南都でした。