ボツ個性の花写真に一味加えるには・・

 

フォトスタイリスト窪田千紘です。

以前にも、お洒落な写真は、カメラワークだけで決まるのではなく、

セレクト力が大事」ということをお伝えしました。

 

 

そこで、今日は、ここ数年、お洒落好きにも大人気の

ミニのランの鉢植えをつかってフォトスタイリング撮影の方法をお伝えします。

o0350052511783830563

まずはこのラン。シンプルですご~く可愛いです。

もちろんこのままでも全然素敵なのですが、

でも、

HPやカタログで「イメージカット」で雰囲気を紹介する必要がある場合は

ちょっとちがってきます。

 

花の場合だと、ある程度、「雰囲気を作って撮影」をしないと、

似たような印象になってしまう傾向があります。

 

そのために、同じにならないよう個性を出すよう、

色々な花の可愛さを伝えながら、「スタイリング」の作業をしていきます

具体的には、こんな感じ

o0350052511783830561

花を中心に少し部屋の雰囲気をだすためにアイテムを加えていきます。

こうすることで、シンプルなだけでない、楽しい動きが出ます。

 

さらには、

もう一つ別のアレンジをくわえて

一層、華やいだ雰囲気にしていきます。

o0350052511783830562

一つ一つのカットにこうしたスタイリングをしていくことで、

主役が一層、幅広く感じられ

魅力がどんどん引き立っていきます。

 

大事に作った作品や

商品などいいところをさらに引き延ばしてファンを広げていく^^

それがフォトスタイリングの技術の根幹です。

 

フラワーフォトスタイリング講座は春にスタートします。

私が直接担当するレアクラスなので、興味のある方は是非

http://photostyling.jp/introduction/cource34.html