2月料理写真講座 A to Z 講座報告

フォトグラファー南都です。

先週末は、料理写真講座A to Zの開催でした。

料理が専門分野の南都です。

いつも感じる事ですが

フードは、出来上がりの瞬間から

時間と共にどんどん変化していきます。

 

だからこそ、出来立てのおいしさを撮る事

とても大事で、時間との勝負です。

 

第2回目は、料理写真の撮影の流れや手順とコツ、

前準備から本番撮影までのプロセスを

実際にデモンストレーションをして、詳しくお伝えしました。

 

これを知っているのと知らないでは、

料理写真の完成度に影響してきます。

 

そして、アングルは、ほかの分野よりもデリケートな料理写真。

どのようにして、おいしいアングルを決めてるのか

また、カメラの高さの違いで

見せたいシズルがびっくりするほど

美しく見えるコツも実践で細かく解説しました。。

 

「おひな祭りのかわいい手まり寿司」

_MG_9674

 

「春の魚介パスタ」

_MG_9609

 

「フレンチの定番 そば粉のガレットを大人ぽく」

_MG_9626

「春らしいギモーブも迫力を見せて」

_MG_9653

今回のフードスタイリングと料理の担当は、

盛りつけ師として活躍している和食から洋食まで幅広い知識の持ち主

盛りつけ師 もりたとしこさんです。

   ブログ「簡単!おしゃれな盛りつけのコツ」http://ameblo.jp/osyare-cooking/

 page01

page02

 

今回の春ぽく見せるための自然光ライティングや

器や脇役などのスタイリングをもっと春らしく見せる方法に

皆さん、びっくりしていました。

 

また、手まり寿司のおいしいそうな香りで

実践撮影に夢中でした。

 

おいしい匂いは、撮影のモチベーションも上げてくれます。

3月の料理写真講座も楽しみにしていて下さい。

南都でした。