三脚選びは、雲台も大事? 

フォトグラファー 南都です。

三脚の上にカメラを乗せて

固定する部分が「雲台」と呼ばれている大事な部分です。

この雲台にも大きく分けて

3ウェイ雲台と自由雲台の2種類があります。

実は、構図やフレーミングの微調整が素早く出来る

「3ウェイ雲台」がとっても便利です。

IMG_251011

①    前後におじぎが出来る

②    左右に動かせる

③    360度くるくる回せる

パン棒(レバー)が独立しているため

微調整が素早く出来て便利です。

 

そして、カメラを固定する方法として2つのタイプがあります。

「ネジで直接固定する雲台」

IMG_2565

 

「クイックシュー方式の雲台」

IMG_2532

クイックシューとは、カメラと三脚の間に

シュープレイトと呼ばれる

部品をつけて取り外しが簡易で

ワンタッチな脱着が出来ます。

 

南都は、部品を少なくしたい事、

確実にしっかりと三脚に装着する事が最優先のため

スタンダードなネジで直接固定する雲台を使ってます。

また、 雲台の下の部分の脚を伸ばしたり縮めたりして

高さを調整して固定してロックする部分も

2種類のタイプがあります。

 

「ロックナット式」

IMG_2527

ナットを回転させて固定するタイプで壊れにくい。

IMG_2539

 

 

「ロックレバー式」

IMG_2514

レバーを開け閉めするワンタッチ方式

ネジの方向に関係なく簡単に扱えます。

IMG_2545

三脚のロック方式も好みですが

女性に人気があるのは、「ロックレバー式」です。

素早くカメラを固定したい場合や

カメラマンなど仕事で使う人などは、

「ロックナット式」を使っている人が多いです。

南都もこの方式で、同時に2か所を両手でロックして

素早くフレーミングしています。

三脚選びは、自分のカメラにレンズをつけて

お店で実際に装着して

重さのバランスも考慮して

使い勝手を試してから

自分にぴったりの三脚を選んで下さい。

南都でした。