ランチをおいしく撮るには?

フォトグラファー南都です。

 

ランチに出かけた時は、きれいに撮れる

日差しのある時間帯です。

窓のある場所を見つけて撮影しましょう。

お店で料理を撮影するには、座る席を選ぶのがポイントですが

http://photostyling-az.net/2014/02/1047.html

明るい太陽の光が入る場所でも

いくつかのコツがあります。

 

同じ料理でも光の方向で

全く写真の写り方が違ってきます
 

テーブルにテカリがある場所を選ぶと簡単です。

料理の運ばれて時に

この反射が見える場所に

置く事を予想して席を選びます。

IMG_0458

光の当たり方が逆光になり

ハイライトのキラキラが出て

おいしく撮影できます。

IMG_0480

反対に窓を背に座った時は、

IMG_0460

光の当たり方が順光になり

のっぺりした感じになります。

IMG_0506

 

また、料理は、青味の方に色が転ぶと

おいしく見えません。

なかなか気がつかない大事なコツは、

お店の窓ガラスが、どのくらい青いかどうかも

重要なポイントです。

その青味で「ブルーの色かぶり」をしてしまう事があります。

人の目では、感じない色味かも知れませんが、

実は、カメラでは、その色味が写ってしまいます。

IMG_0497

 

また、お店では、日差しがあるお昼でも

照明をつけていて

その色が影響してしまう事も

気をつけてみて下さい。

そんな時は、ホワイトバランスのアイコンなどで

調整して撮影するか、

撮影後、PCで色かぶりを整えると

おいしい料理の写真になります。

南都でした。