料理写真のコツ!お皿の中心は、真ん中とは違う?

フォトグラファー南都です。

_MG_040701

     「お皿の中心を整えた写真」

 

お皿の中心に料理は、盛り付けられてますが

真上からではないカメラの高さ(アングル)では、

平たいお皿の手前の余白は

広く写ってしまいます。

お皿の真ん中に料理が

乗っていないように見えます。

 

IMG_6775

IMG_6780

レンズを通した時のパースペクティブで

手前が大きく後ろが小さく写るからです。

 

IMG_6838

(本当の真ん中だと 手前が広く見えてしまいます)

IMG_6850

何も乗っていないお皿の手前の空間も多く写って

料理の後ろのお皿の中も空間も狭く写って

お皿の手前が間延びして見えています。

 

料理を少し手前に移動させてあげると

写真では、お皿の真ん中に

盛り付けられているように撮影できます。

 

IMG_6834

(少しお皿の手前に移動させて撮影)

IMG_6829

人の目で見るとなんだか料理が

お皿の前に片寄っているような感じですが

写真では、自然な空間に見えます。

料理の場所を手前に動かしただけで

お皿の真ん中に料理が乗っている

いいバランスで撮影できます。

IMG_6847

IMG_6843

お皿の見え方の中心を整えて

もっときれいに撮影してみて下さい。

 

南都でした。