サンダルのスタイリングの方法

こんにちは!フォトスタイリスト窪田千紘です。

今日もフォトスタイリングのプチコツお伝えします。

 

フォトスタイリングは、カメラそのものの機能だけではなく、

「スタイリング」という作業をすることで、より写真が可愛くお洒落に変身することです。

今回は、夏の定番のサンダルをモチーフにしたフォトスタイリングの方法です。

 

 

 

 

写真 (12)

 

最近、ブログはもちろんフェイスブックなどでも画像をお洒落に

アップすることはとっても大事。

その中でも、「これ!バーゲンで見つけました!」「お気に入りで~す」など

夏ならではで、サンダルやスニーカーなどの写真をアップする機会もあると思います。

 

その時のコツ!です。

「靴のスタイリング」で最も大事なのは、「置き方」です。

「揃えて置く」のか、「靴の先を外に向けるのか、内に向けるのか」

あるいは「無造作に置く」のか、「片方倒すのか・・」などバージョンがかなりあります。

 

そのすべてに「意味がある」ので、それを上手く使いこなしながら、

並べていくのがコツです。

 

たとえば、

写真 3 (3)

 

つま先を手前に持ってきて、少し無造作にしました。

こうすると、ちょっと動きが出て、「カジュアルな靴」の印象がアップします。

 

別バージョン

 

写真 5

 

先ほどの写真とはかかとの部分を変えただけですが、

見た目の印象がかなり違うと思います。

こちらは、「端正」な感じ。

このパターンは、デパートのパンフレットやチラシなどでよく見かけるもの。

雑誌だったらちょっと高級ラインの婦人誌バージョン。

 

3パターン目

写真 2 (9)

 

今度は手前を上にして、真上から撮影。

このパターンは、最近のお洒落なSNSなどでもよく見かけるバージョン。

このときは、ちょっと周りに余白を取って、ゆったりした感じで

撮影するほうがお洒落な印象に仕上がります。

 

私たちスタイリストは基本的に、

雑誌はもちろん広告、ネットなど、その時の媒体の特性

読者層によって この「置き方」のバリエーションを変えます。

「どんどんな層に伝えたい写真なのか」

「どのくらいの年齢の方なのか」

「デザインを見せたいのか」「ブランドをみせたいのか」など

さまざまなことに配慮しながら、「置き方」を決めていきます。

スグできるスタイリングなので、みなさんのターゲットに合わせて

置き方を工夫してみてください。

 

窪田でした。