白いお皿は、レフ版効果?

フォトグラファー南都です。

 

料理を盛り付ける器の色の濃さで

料理の見え方が違ってきます。

白い器と黒い器では、

料理の明るさの見え方が変化します。

_MG_8202

_MG_8266

 

白い色のお皿は、レフ版効果があって

お皿の白に当っている光が反射して

明るさの足し算が加わり

料理が明るくきれいに見えます。

_MG_8196pp

白いお洋服を着ると顔色が明るく

よく見えるのと同じ効果です。

 

その反対に黒いお皿は、その反射がない分

料理に反射した明るさの足し算がありません。

立ち上がりのある影になる右手前部分は、暗く写ります。

また、器の明るさの影響がない分

締まった感じの明暗差が表現できて

立体感のある力強さを見せられます。

_MG_8258
 

レフ版を使わなくても

白い器は、特に高さがある料理も

手前の影になっている部分も明るくなり

料理をきれいに見せてくれる万能選手です。

_MG_8224
 

黒い器は、しっとりとした影の部分をそのまま生かせるので

力強いこっくりとした表現になります。

_MG_8235

 

お皿の黒と白の反射率の違いで

料理の明るさの表情も変化します。

器の色の濃淡で料理の見え方のバリエーションも

感じてみて下さい。

南都でした。