天気を選ぶのは、ライティング?

フォトグラファー南都です。

お天気を意識する事が

実は、お日様ライティング効果が発揮されて

きれいに撮る光りの質感を

操る大事なコツ!なんです。

_MG_0876

曇りや雨の日は、きれいに撮影できないと

思われがちですが、

しっとりやさしく撮影するには、

とってもいい環境なのです。

光の量が少ないので

暗くなってしまう事を解決すれば

大丈夫です。

IMG_4328a

光を多く取り入れて明るくするには、

シャッター速度を遅くなってブレてしまうのを

三脚を使って、露出補正することで

とっても簡単に撮影できます。

ピーカンと呼ばれる雲ひとつない

晴れすぎている場合は、

光りが硬くて強すぎて

明るい場所と暗い場所の差が

カメラの明るさを捉える幅を超えてしまい

上手に撮れません。

page[1]

ちょっと明るい雲がある

いいお天気だと

キラキラのくっきりした写真になり

木漏れ日も見せられます。

_MG_6452

お天気の具合で写真は、ぐっと変化します。

自然光は、お天気ライティングです。

いい日を選んで素敵に撮ってみて下さい。

南都でした。