外でのお花は、背景のボケが大事?

フォトグラファー南都です。

木々には、かわいいお花が咲いて

春らしい撮影が楽しい季節です。

DPP_0045p

 

かわいいと思って撮影するだけでは、

枝と枝が重なったりして

こんな風に雑多なごちゃごしゃした写真になってします。

DPP_0042

 

撮りたいお花と背景のお花との距離が離れている事で

ぼかしが効いて見せたいお花が目立ってきます。DPP_0044pP

 

密集していないお花の箇所を見つけて

空が濃い青に見える場所を探して

背景の空にも色を入れて

春らしい空気感に!

DPP_0045pp

(F値 6.3  シャッタースピード1/320秒 ISO感度 200)

空の濃い青がないと少し寒い感じになるため

青く見える空の方向も工夫して

見つけるともっとかわいくなります。

DPP_0051

 

小枝やお花が密集している場所は、避けて

お花の背景がすっきりしている箇所を

さがしてF値を小さく設定して撮影すると

もっとお花をかわいく撮る事ができます。

また、風でお花がブレやすいので

シャッタースピードを速くするのもポイントです。

撮影してみて

ブレてしまったら

ISO感度の数字をあげていくと

シャッタースピードが速くなって

ブレ軽減になります。

春のかわいさも撮ってみて下さい。

南都