カメラを買って箱をあけたらまず!すべき事は?

フォトグラファー南都です。

カメラを購入したら

必ず準備と確認をしましょう。

大事な使える付属品の確認と

付属していない必要な別売りのものを用意しておくと

スムーズに撮影が始められるので便利です。

IMG_1160

 

箱を開けると付属品の中で

特に重要な物を確認して

カメラ使用説明書、クイックガイドは、

慣れるまでカメラボディと共に

画像処理ソフト&使い方の

取り扱い説明書のDVDは、

パソコンにダウンロードしておくと便利です。

IMG_1168

 

いざと云う時のために

保証書&サポートセンターの連絡先なども大事に

保管しておきましょう。

IMG_1173

 

また、画像処理ソフトは、メーカー専用のもので使いやすいです。

明るい暗い トリミング 角度調整

余計なものを消して修正できるコピースタンプ

サイズを変える リサイズ機能など

カメラとPCをつないで撮影できるソフトなど

便利なツールのPCソフトが入っていて

とっても使い勝手がいいです。

DPP_0108
 

付属品で主にすぐ必要なものを使って

撮影できる状態に準備します。

IMG_1176

箱を開けて最初にするべき事は、

まず、カメラの電池の充電を開始しましょう。

(時間がかかるので

箱から出してすぐに撮影できません。)

IMG_1193

 

ボディの視度調整をして

アイカップをしっかり装着

 

page

 

カメラのストラップは、落下防止のためにも

しっかりと丁寧に付けましょう。

IMG_1214

 

付属で付いていない必要なものは、

カメラを購入する際に

一緒に用意した方が楽ちんです。

 

カメラボディに入れる

撮影画像を記録するカード

買うカメラの規格に合わせて準備

IMG_1207
左のカードは、(CFカード)   右のカード(SDカード) 

カメラボディによって使用するカードの種類が異なります。

確認してから購入しましょう。

IMG_1211

記録カードを確認したら

その記録カードから写真データーを

パソコンに入れる事が出来る

記録カードの規格が合っている

カードリーダーも一緒にゲットすると

データ転送が素早く出来て

時短になって便利です。

_MG_5819

 

そして、レンズも一緒に購入する場合は、

規格に合う直径の大きさの

レンズの保護フィルターも合わせて

未使用前に装着するのも大切な準備です。

 

箱からカメラを出した時の大事なものを確認する事も大事ですが

購入時に付属していない

規格に合ったものを

カメラ購入時に

一緒に購入する事も大切な準備です。

後で規格を確認して

購入する面倒さや

合わないものを間違えて

ゲットするリスクがありません。

付属品には、大事なものが入っています。

しっかりと確認しておくと安心です。

南都でした。