気分をエフェクトに遊びフォトでインパクト?

フォトグラファー南都です。

見せたいイメージ優先の

気持ち写真は、

同じ被写体でも絵づくりで変わってきます。

 

☆ふんわり夢心地の気分

やわらかさを意識して

ソフトフォーカスとボケを強くして

背景を白く飛ばして

7080231p - コピー

 

☆ハードにかっこよくキリリの気持ち

黒を閉めて影を強くして

コントラストを強く 固くして

彩度の華やかさを引き算して

背景を暗く落として

7080238 - コピー

どんな風に撮りたい?

何を見せたい?

写真のテイストは?

同じ被写体でも

気分や気持ち

そして、やさしくふんわりだったり

カッコいいハードだったりと

色とかたち

風合いで全く違ってきます。

 

☆グラフィカルに見せる俯瞰でも

グリーンを強調させて

緑が香る気分をイメージ

7080246 - コピー

 

 

色あせたドライな気分を

グリーン部分の色を変化させて

固いイメージ

7080251 - コピー

感じた気持ちをエフェクトで

落とし込んでいくと特徴ある

インパクトフォトへ。

人それぞれの個性だったり

被写体を見ている場所だったりと

表現方法は、さまざまです。

 

☆やさしいふんわり気分

7130259 - コピー

 

☆ざらざらした気分

7130256 - コピー

イメージ先行の記憶のかたちと

イマジネーションの遊び心の写真は、

ライブの舞台と同じで演技みたいに

ちょっとオーバーアクションな絵作りを意識すると

面白く撮れます。

伝えたい気分の色とかたちで

遊び心の気持ちフォトも撮ってみて下さい。

南都でした。